/

オリジナルでスマホケースを作成する場合の注意すべき著作権とは?

オリジナルでスマホケースを作成する方法

最近では、スマホケースを店頭などで購入する以外にも、スマホのアプリやwebでスマホケースを作成するオリジナルスマホケースを使う方も多くいます。

お気に入りのキャラクターなどを使ってスマホケースにしたいという方もいるかと思いますが、そこで注意してほしいのが「著作権」です。

スマホケースを作成する際に知らずに著作権の侵害をしてしまっていることのないよう、注意点を踏まえた上でスマホケースを作成していきましょう。

スマホケースを作る際に注意が必要な著作権とは?

著作権は、本や音楽などの作品を他人の真似ではなく、自分自身で生み出し作ったものを「著作物」といい、これらを作品として作った人を「著作者」といいます。

この著作者の権利を守るものとして、定められているのが「著作権法」になるのです。

著作権は著作者にあるので簡単に言うと、人のものを勝手に許可なく使用してはいけませんよという、至ってシンプルなことなのです。

身近な例で表すと、例えば自分のオリジナルで作ったスマホケースを、友人に「かわいいね!これどうしたの?」と聞かれ、オリジナルで作ったことを話し、後日その友人が何の話も無く、同じようなデザインのスマホケースを身に付けていたのを発見したとしたら、あなたは「パクられた」「私が先だったのに」という複雑な気持ちになりませんでしょうか?

一言言ってくれれば良かったのにこんな複雑には感じなかったのにな、という簡単に例えるとこんな感じなのです。

誰しも、勝手に人のものを使われるのは良い気分にはならないでしょう。

その上、もし自分のデザインとして販売しているものを、後で他の人に真似られ相手の方が繁盛していたとしたら、自分自身の商売にも影響が出てきますのでただごとではないでしょう。

こういったトラブルを防ぐために著作権法というものが定められているのです。

好きなキャラクターを使ってスマホケースを作成する場合の著作権

オリジナルスマホケースを好きなキャラクターの画像などを使って作成したい場合、作成する目的によって著作権の侵害になるケースとならないケースがあります。

自分自身が日常的に使用する目的で作成する分には、好きなキャラクターを使ったとしてもこれは著作権の侵害にはなりません。

ですが、販売目的や利益を得るために作成するのはアウトです。

著作権の侵害になります。販売してはいけません。

勝手に人のアイデアのもので利益を得ようとする行動が問題なのです。

また、動画投稿サイトに投稿するのも著作権の侵害に繋がるケースもありますので注意しましょう。

スマホケースを作成して、著作権の侵害に繋がらないようにするには?

著作権が発生するものでも、著作者からの許可を得れば販売しても著作権の侵害にはなりません。

よくお店で売られているキャラクターのスマホケースも著作者からの許可を得て売られているものです。

ただ、この許可を得る方法は個人ではなかなか難しいと思われます。

もちろん、自分自身でデザインをし、著作権に引っかかるものを使用していないオリジナルスマホケースは販売しても問題ないでしょう。

この場合は著作権は自分自身にあります。

デザインをするにも、お手本や参考にするのであればセーフですが、似ていたり、そのものを連想させるようなデザインはアウトになります。

どこまでがセーフでどこからがアウトなのか線引きが難しいところではありますが注意しましょう。

著作権の侵害を犯すと、法律違反になるので懲役や罰金が発生してきます。

著作権の侵害は被害者の方が訴えないと成立しないものですが、バレないだろうと安易な気持ちで著作物を使用しないようにしましょう。

現に著作権の侵害で逮捕され、全国ニュースになっている例はいくつもあります。

スマホケースを作成するのであれば、自分自身で撮影した写真や自分自身で描いたイラストなどを使用し、自分だけのオンリーワンのオリジナルスマホケースを作成することをオススメします。

Androidケースラボでは業界最安値で作成が可能!

スマホのアプリやweb上で作成することができるスマホケースですが、業界最安値で簡単にスマホケースを作成することができる「Androidケースラボ」でオリジナルスマホケースを作成することをオススメします。

Androidケースラボでは、最安値で690円~、1個からでも作成が可能です。

送料も全国一律170円で3,500円以上で送料が無料になるので、お手軽な価格で作成できるのでオリジナルスマホケースを作ったことがない方でも気軽に作ることができます。

安くてすぐ届くなんて、すぐ壊れてしまうのでは?と心配な方でも、耐衝撃性に優れたケースもあるので、スマホを落としてしまった場合でもスマホもケースも守ることができます。

また、Androidケースラボではスマホケースだけではなく、モバイルバッテリーなどのスマホアクセサリーも作成することができます。

店頭に欲しいと思うデザインがない!という方は自分のお気に入りを作成することが出来るのでとても便利です。

Androidケースラボでのスマホケースの作成の仕方とは?

まず、デザインしたいスマホ機種のケースの型を選び、選んだら自由にデザインします。

お手持ちの写真や画像などをアップロードし貼り付けることができます。

またテキストを入れることもできるので名前や好きな文字を入れることも可能です。

デザインが完了したら、カートに入れ注文し、決済に進みます。

決済が完了したら、最短3営業日で宅急便で発送されますので到着を待ちましょう。

流れとしてはこれだけです。

100個以上の注文などにも対応しているため、在庫の心配もありません。

またスマホの最新機種にも対応しており、ケースのタイプも豊富でとても使いやすいサイトです。

手帳型やクリアケース、ミラーケースなどがあるので、作りたい型に好きなようにデザインできます。

また、Androidケースラボではデザインに自信がないという方やデザインが思い浮かばないという方でも、デザインプレートというものがあり、オシャレなデザインのテンプレートがあるので選ぶだけでオシャレなスマホケースを作成することができます。

お気に入りの写真やイラストを簡単にオリジナルスマホケースにできるので、プレゼントやカップルなどでペアのデザインを作成するなどにもピッタリですね。

また、業者さんによってもアニメやキャラクターなどを使用したものは作成を断られ製作を受け付けない業者さんもありますが、Androidケースラボでは「私的な利用に限り」キャラクターなどのデザインも可能です。

ルールに沿ったスマホケースの作成を!

簡単にスマホケースを作成出来るからこそ、知らず知らずに著作権を侵害していたなんてことが起こりうるのでルールを確認した上でスマホケースの作成をしましょう。

著作権の侵害は法律違反になりますので、知らなかったでは済まされなくなってしまいます。

「どうしてもお気に入りの推しを入れたスマホケースを作成したい!」この場合は、絶対に販売はせず自分自身だけで使用するためだけに作成してください。

私的な利用であれば著作権は関係ないです。

もちろん、金銭が発生する友人などへ譲るのも販売しているのと変わらないのでしないようにしましょう。

是非、ルールを守った上でお気に入りのスマホケースをデザインし、自分だけのオリジナルを作成してみてください。

自分でデザインしたそのスマホケースは世界に一つだけのスマホケースになります。

デザインするのも楽しいですし、手元に届くのがとても楽しみになりますよ。