/

いろんなAndroidケースの作り方がある!世界に一つだけのスマホケースの作り方とは

端末を守る以外にもオシャレの一部になるスマホケース

スマホケースは本来、端末をキズなどから守るためのものですが、スマホは毎日持ち歩くものであるのでオシャレの一部としてもデザインが重視されているのです。

「欲しいと思うデザインが店頭で見つからない」「自分だけのデザインを自作したい」という方は、スマホケースにはさまざまな作り方がありますので、iPhoneケースやAndroidケースを自作してみるのもありですね。

誰でもできる!Androidケースの作り方初級編

初級編は、ほんのひと工夫でオシャレなスマホケースに変身できるのです。

まず、クリアケースを活用する方法です。

クリアケースはiPhoneでもAndroidでも機種にあったケースがありますし、比較的低価格でアレンジすることができます。

クリアケースを活用すると、オシャレなステッカーやショップカードをスマホとクリアケースの間に挟むだけで、オシャレなスマホケースが出来るのです。

クリアケースで簡単オリジナルケース

このように、何枚かのステッカーを挟んでも可愛いですね。

シールなどをスマホ直に貼るのに抵抗があるという方に、クリアケースだとシールを直に貼らずにオシャレにアレンジ可能ですのでオススメです。

ステッカーなどの他にも、マスキングテープを活用したスマホケースの作り方もあります。

マスキングテープは100均や雑貨屋などで手軽に購入することができ、種類や柄などが豊富なため、低価格でアレンジすることが出来るのです。

マスキングテープの貼り方次第でもデザインは変わってくるのでマスキングテープひとつでいろんなデザインにすることが可能です。

他にも、マニキュアは爪などに色を付ける化粧品というイメージがあるかと思いますが、マニキュアには色だけのシンプルなものからラメ入りのキラキラしたものなどがあるのでクリアケースなどにマニキュアを塗って乾かすだけで綺麗なスマホケースに変身することが出来るのです。

100均などの購入品で作る!低価格でできるAndroidケースの作り方中級編

初級編より少しランクアップした、スマホケースの作り方ですが、100均などの低価格のものを使ってオシャレなスマホケースを作ることが出来るのです。

まず、リボンを活用したスマホケースの作り方です。

リボンは100均や雑貨屋で気に入ったものを購入するのもありですし、プレゼントなどを貰った際に梱包に使われていたリボンを使うのもありです。

このように、クリアケースなどにポンチで穴を開け、穴にリボンを通してクロスしてを繰り返し、最後はリボン結びにします。

これだけで女の子らしい可愛いスマホケースの完成です。

リボンにもさまざまな種類があるのでリボンひとつでいろんなスマホケースができますね。

リボンの他にも、レースや布を使ったアレンジ方法があります。

こちらも100均や雑貨屋さんで購入するのも良いですが、家にあるものを活用しても良いでしょう。

レースや布をスマホケースに貼り付け、ケースの型に合わせて切るだけの至ってシンプルなアレンジ方法です。

デニムをリサイクルしたスマホケース

デニムを活用したものは女性でも男性でも使っていてオシャレです。

また、貼り付ける他にもスマホケースにレースを重ね固定し、その上からカラースプレーをかけてレース柄に模様を付ける方法もあります。

クオリティが高い!凝ったデザインのAndroidケースの作り方上級編

上級編では、押し花を活用したりストーンを活用したスマホケースの作り方があります。

押し花を使ったスマホケースを作る場合、押し花は花屋でも100均などでも購入できますし、押し花から自作するのもありです。

クリアケースにレジン液を垂らし、筆などでケース全体に均一に伸ばしていきます。

ピンセットなどで花を置いたらUVライトに3分程当てて硬化させます。

硬化させたら、またレジン液を花の上から全体に筆で塗りまた3分程UVライトで硬化させたら完成です。

ラメやリボンなどを使っても可愛く仕上がりますね。

花の大きさや色などさまざまなのでいろんな花を配置してもいいですし、小さな花をシンプルに真ん中にひとつだけ置いても華やかなデザインになります。

プレゼントなどにもピッタリですね。

次に、ラインストーンを活用したスマホケースの作り方です。

ストーンは100均や手芸用のショップなどで購入することができます。

まず、スマホケースにデザインしたい絵をポスカや絵の具などを使って下絵を描いていきます。

下絵がないとどのようにストーンを配置するか分からなくなってしまうので、下絵は無くてもいいのですが、あった方が綺麗に仕上がるでしょう。

下絵を描いた上にデコ専用ボンドを使いストーンを置いていきます。

ストーンの大きさもさまざまあり、作るデザインに合わせてストーンの大きさの調整も必要ですし、集中力と器用さが必要になってきますね。

100均にはスマホケースを作るための材料が集まっている

100均は店舗数も多く家の近くにあるという方もいるかと思います。

ほとんどの商品が100円で購入できますし、手作りに必要な材料が揃っているのです。

オリジナルスマホケースに使われることが多いクリアケースも店舗によって100均に売っていますし、スマホケースのアレンジに使えるステッカーや布、リボンなどの材料もほぼ100均で材料が揃ってしまうので、100均はオリジナルスマホケースを作る際の強い味方になるのです。

まだどういうデザインにするか迷っている人は100均で材料になりそうなものを見ているだけでも良いデザインが思い浮かぶかもしれませんね。

アプリやwebで誰でも簡単にスマホケースが作成可能!

100均などで材料を購入し、スマホケースを自作する方法を紹介しましたが、実はWebやアプリを使って自分でデザインし作成する方法があるのです。

私がオススメするのはAndroidケースラボというサイトです。

Androidケースラボでは、直近3年〜4年以内に発売されたスマホケースを作成することができるので、自分の機種に合ったケースが見つからないという方にもピッタリのサイトです。

また、ケースの形もシンプルな形から手帳型、ミラー付きのケースなどケースの形も豊富にあるので、自分だけのデザインで欲しい形のスマホケースを作ることができます。

Androidケースラボでなら写真のアップロードも簡単にでき、文字も簡単に入れることができるので、手が器用じゃない、手作りには自信がないという方でも綺麗なスマホケースを作れます。

価格も業界最安値なので低価格ですし、発送も決済完了から最短3営業日で発送されるのでとても優秀なサイトです。

低価格で安全性や完成品などが心配になる方もいるかと思いますが、耐衝撃性や耐熱性にも優れているケースの取り扱いもありますし、低価格で綺麗に印刷をしてくれるのでとてもコスパが良いサイトなのです。

私的な利用に限り好きなキャラクターなどを入れてデザインすることもできるのでオススメですので、是非一度使ってみてください。

世界に一つだけのオリジナルAndroidケースを作ってみましょう

自作したものは自分だけのオリジナルのものになりますので、それだけで特別感がありますよね。

また自作だと低価格でオシャレなスマホケースを作ることができますし、作っている時間もとても楽しいので得がたくさんあります。

是非オリジナルでスマホケースを作成しようと考えている方の参考になればと思います。